menu

オススメ記事

ホテルの入口 「ラブホテルは進化を遂げています。そんなラブホテルを利用しませんか」のオススメ記事

read more »

時間を有効的に使える

キレイなベッドがある部屋

ラブホテルというのは一般的なホテルと違い、宿泊だけでなく休憩というコースもあります。東久留米のラブホテルもそれはかわりません。ちょっと疲れて仮眠を取りたいという時に利用するというのもひとつの利用方法ですよ。

read more »

ラブホ女子会の魅力

青いベッドのある部屋

ラブホテルというのは女性のグループとは縁遠いものとして考えられていましたが、そんなラブホテルでこそ女子会というのは盛り上がるのです。その理由を知ればラブホ女子会を計画したくなるかも?

read more »

ホテルとしての機能が充実

きれいな部屋

ラブホテルの変遷とは

ラブホテルというのは男女が宿泊して愛を育む場所というイメージが強いかもしれませんが、最近のラブホテル事情というのは少し変わってきているものなのです。
現代のラブホテルはまるで一般的なホテルのように宿泊がメインのプランも多くあります。
そんな現代的なラブホテルを利用したことが無いという人は多いと思います。
ラブホテルを利用したことのない人からすれば、そもそも従来だろうが、現代的だろうが特に関係なくラブホテルというのは等しくラブホテルでしかありません。
その気持ちは非常によくわかります。しかし実際にはそうではないのです。
というのも、ラブホテルというのはあまり良いイメージが無いようなところかもしれません。
ですが、最近のラブホテルというのはラブホテルというよりも、もはやホテルとして発展しているのです。
もちろんホテルというのはビジネスホテルやシティホテルといった『ホテル』です。
どういうことかといいますと、最近のラブホテルは一人で宿泊することや、同性と泊まることが可能なものが多いのです。

またそういったラブホテルの魅力というのはやはりお金がとても安いということです。
自分の中でどういったものを求めているのかということでまた変わってきますが、一泊一万円程度のラブホテルが非常に多いです。
自分の中でどういった値段を期待しているのかはわかりませんが、ラブホテルは他の種類のホテルと比べた場合には非常に安価で利用することが可能となります。

もはやラブホテルは男女の営みのためだけでは無くなっているのかもしれません。
そういったラブホテルを楽しんでみるというのも悪くないのかもしれません。



カップルで利用する場合

一般的な人でも利用する人が多くなったと言っても、やはりラブホテルというのはカップルで利用する施設です。
しかし、アメニティが充実していることも考えれば非常に楽しみ方が豊富なのではないでしょうか。
カラオケができたり、ゲームを貸し出してくれたりと色々と二人で楽しむ分には言うことなしなラブホテルであるように感じます。
またベッドやお風呂がすごく大きいことがラブホテルの魅力です。
ラブホテルでは二人で利用することが前提ですので、その分お風呂やベッドが大きいのです。
行為の前にお風呂を済ませて、行為が済んだらまたお風呂にゆっくり入るというのもいいのではないでしょうか。

またせっかくラブホテルをカップルで利用するのですから、普段とは少し違うアブノーマルなプレイを楽しむのもいいのではないでしょうか。
放置プレイやSMプレイというのはなかなか家ではできるものではありません。
そのために、そういったラブホテルでようやく楽しむことが可能になるものです。
またそういったマニアックなプレイというのはどうしても後片付けのことまで考えたらちょっとチャレンジし辛いように感じるかもしれません。
しかしラブホテルというのはそういった後片付けのことなどなにも考えなくていいのが素晴らしいところです。
自分達の好きなように利用しましょう。
とはいえ、備品を壊したりするのはダメですからね。

同性だけで利用するなら

最近はラブホテルの需要も変わってきたということもあり、複数人で利用することも可能となっています。
その代表的なものこそ「ラブホ女子会」になります。
ラブホテルは個室をどんな時間にも貸し出してくれる施設です。
つまりラブホテルではいくら騒いでも誰にも怒られることはありませんし、そもそもラブホテルなのですから、自分が「できそうだな」と思うことはたいていできるようになっています。
例えば女子だけでカラオケ大会をするというのも非常に楽しいでしょう。
またラブホの大きなスクリーンを利用して、応援上映のようにアニメや映画を楽しむことが可能でしょう。
そういったラブホ的な楽しみ方というよりも、広い個室を貸し出してもらった感覚のように利用するというのがいいのではないでしょうか。

また同性だけで利用すると下世話な話もしやすいために、テンションが上がって夜通し騒いでいるような人もいるようです。
そういった楽しみ方というのもいいのではないでしょうか。
結局自分が楽しければそれで良いのです。
ホテルに迷惑をかけない範囲であれば基本的になにをしても許されるものです。